こんにちは。
この時期になると空気が緩んできたのがよくわかりますね。
夕方、冷たいのだけどどこかぬるい感じの混ざった風にあたると、
もう春なんだな~と感じます。
ただ、お花はまだ梅ばっかり。あと水仙。
梅は「花」を撮るのがいいですね。
桜は「桜のある風景」を撮るのがいいな、と思います。
2017-02-22_ba01

さて、今月のベーシックコースレッスンを開催しました。
このコースも今月がラスト。
〆のレッスンでしたね。

ラストの日でも準備はいつもと同じです。
気合を入れすぎるわけでもなく、脱力するわけでもなく、いつも通り。
いつも通りが一番いいのです。
2017-02-22_ba02

レッスンではサイドメニューとして肉まんもつくりました。
こちらはとかち野酵母。
薄力粉を多めにし、強力粉を少しブレンドします。
水もちょっとだけ多めに。
でもベタベタしない程度。

この配合がけっこう苦戦しました。
薄力粉の種類によっても食感が変わりますしね。

でも苦戦の甲斐あって自分としては納得のいく配合です。
2017-02-22_ba03

ドライいちじくの酵母とレーズン酵母でクーロンヌを焼き上げ。
今月は、「水分を多く、卵を配合する」以外の方法で、
しっとり感を長持ちさせる方法、を二つお伝えしました。

ひとつはレストブロートを使用したパン。
もうひとつはトレモリンを使用したパンです。

レストブロートは何のパンを使うかで出来上がりも変わります。
配合する量にも気をつけてくださいね。
どうぞいろいろ試して楽しんでみてください。

トレモリンは使ったことがない人もいるかと思いますが、
少量で大きな役割を果たしてくれますよ。

そうそう、豆乳をベースにしたアイスは油を多くしないと、
やたらかたくなりますよね。
でも、トレモリンを使用したら、かなりなめらかになりますよ!
2017-02-22_ba04

蒸しあがった肉まんです。
肉まんの具は包む時は固いのだけど、肉まんに入れて蒸すと
トロ~~っとした感じになります。
これもけっこうおすすめ。
たくさん作ったら、少量にわけて冷凍しておいてもいいですね。
肉まんにしなくても、お野菜と一緒に炒めたら簡単な一品になります。

肉まんの包み方は、生地を伸ばしすぎないで寄せてひだを作る。
最後に頂点に生地を集めてひねってとじる、とうまくいきます!
2017-02-22_ba05

ランチは
きのこの豆乳クリームスープ
サラダ・バルサミコ酢ドレッシング
切り干しの中華風和え
豆腐とクリームチーズのムース風
ロンネフェルト グレープフルーツパンチ

でした!
2017-02-22_ba06

ベーシックコースでは、基本的なパン作りと自家製酵母の作り方がメインの
レッスンでした。
起こしやすい酵母、起こしにくい酵母、いろいろあったと思いますが、
レッスンでやったもの以外でも酵母が起きるものはたくさんありますので、
どうぞいろんな酵母にチャレンジしてみてください。

皆様、一年間起こしいただき、ありがとうございました!
2017-02-22_ba07

ルーマニアのはちみつをいただきました。
ルーマニアってどこ?何が名産?って思うくらい知識がない私ですが、
はちみつが有名なんですね。
山田養蜂所もルーマニアのハチミツを使用しているとか。
とてもきれいな黄色のはちみつで、どんなお味がするのか楽しみです。
ありがとうございます。大切に頂きます!


★自家製酵母・天然酵母のパン教室セレアル★
ホームページはこちらです
http://cerealesplus.web.fc2.com/

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)