こんにちは。
日中暑くなると、夕方の雷雨が激しくなりますね。
少し雨が降ると涼しくなって良いのですが、
あんまりにも激しいのもなー、と思ってしまいます。
20170708_ryouma01

先日、静岡市美術館で開催されている「坂本龍馬展」に行ってきました
静岡が全国巡回の最後だそうです。
前月には東京で開催されていたのですが、なかなか行くタイミングが見つからず、
でもどうしても行きたかったので、箱根旅行の際に時に足を伸ばしてみました。

これを見るために、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を読み直ししましたよ。

竜馬が生きた時代を順を追って展示してあるのですが、
黒船が来航した時の絵(想像図)がもう、けっこうびっくりな絵で、
おばけみたいな船として描かれていました、、。
当時の人達はホントに怖かったんだろうなーと感じたわ。
20170708_ryouma02

もちろん、龍馬の書いた手紙がたくさん並べられていたり、
持っていた銃は全方向から見れるような展示だったり、
血痕のついた掛軸や竜馬とともに生きた人たちの写真なども。

刀の「陸奥守吉行」もありました。
直刃(すぐは)(釧路の大火で焼けて反りが失われた)なので
ホントにまっすぐでした。
もう一振埋忠明寿作の刀も展示されていて、こちらも龍馬の刀だそうですが、
刀身に梅の彫り物があってとてもきれいでした。

京都での展示ではこれに加えて脇差も並べられたそうですね。
見たかったなー。
(先日放送された「歴史秘話ヒストリア」での龍馬の回、では映像が出てましたね)

展示の中でも一番興味深かったのが、
「パークス襲撃事件」で戦った刀の二振が並べて展示されていたこと。

襲撃犯の林田貞堅とパークスを護衛していた元薩摩藩士の中井弘(ひろむ)が
使った刀だそうです。
どちらも刀のあちこちに刃こぼれが大きくあり、衝撃の大きさがわかります。
戦った双方の人物と場所が特定できる刀は珍しいのだとか。

あまり混んでいなかったので、ゆっくり見れました。良かった!


※パークス襲撃事件
幕末の1868年3月に、英国公使のパークス一行が京都で攘派の志士に襲われた事件
20170708_sunpu01

龍馬展を見た後は、駿府城公園に行きました。
ひろびろとしていて整備もきちっとされていて気持ちのいい公園です。
駅から遠くない所にこんないい公園があるなんていいですね。
20170708_sunpu02

駿府城跡天守台発掘調査が行われていました。
確か、以前に「鶴瓶の家族に乾杯|」でも紹介されていましたね。
ボランティアの方が丁寧に説明をしてくれたので、楽しく見れました。
20170708_sunpu03

このあと、東御門・巽櫓に行って、展示を見てきましたが、
もう暑くて暑くて・・・・。
こちらもボランティアの方が説明をしてくれたのですが、とても詳しく話してくれました。
私はちょっと脱水しかけてフラフラだったのですが、
あの暑さの中、ずーっと話をされるボランティアの方は体力があるのだな、
と思いましたよ。

駿府城はその外観がどんな城だったのか記録が残っていないんだそうです。
描きとめることが禁止されていたんですって。
いくつか飾られていた駿府城の絵はどれも違う形をしていて面白かったです。

楽しかった。暑かった。


以下、自分メモ
--------------------------------------------------------------
パークス襲撃事件の二振

襲撃犯の林田貞堅(さだかた、朱雀操〈すざくみさお〉)が使ったもので、
刃長74・3センチ。
林田の墓所近くにある霊明(れいめい)神社(同区)が所蔵していた。
研究者らの間で存在は知られていたが、京博が刃こぼれの目立つ状態や、
1888年に親戚から神社へ奉納された際の記録から林田のものと確認した。

パークスを護衛していて応戦し、林田を討ち取った元薩摩藩士の中井弘(ひろむ)が使った刀が、
中井の娘婿で後に首相となる原敬から1903年に寄贈されている。
今回、二つの刀が約150年ぶりに「再会」する。


http://www.asahi.com/articles/ASJ954HP8J95PLZB00P.html
より

★自家製酵母・天然酵母のパン教室セレアル★
ホームページはこちらです
http://cerealesplus.web.fc2.com/

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)