天然酵母のパン教室Cerealesセレアル

現在パン教室はお休みしております。 自家製酵母・天然酵母のパン教室。 http://cerealesplus.web.fc2.com/

2013年12月

★タダフサのパン切り庖丁がうちにやってきました

こんにちは。
お天気のぐずついている栃木です。
雨の日は加湿器はとめていますが、
この時季は少しでも乾燥がすすむとお肌に顕著に出ますね~。

オーストラリアのエアーズロックに行った時に、
「とっても乾燥してるので気がつかないうちに脱水して手がしわしわになるよ。
しわしわになったら元に戻るのに1ヶ月はかかるよ。」
と言われ、こまめに水分補給をしていたことを思い出します。
確かあの時は湿度が4%くらいだったと思う。

まぁ、これほどではないにしても、冬場もきちんと水分補給しましょうね^^;

さて、先日、タダフサのパン切り庖丁がうちにやってきました^^
以前、生徒さんが「良いよ~」と紹介してくださって、
気になっていたのですが、
今使っているウェンガーがやや切りにくくなってきたこともあり
買ってしまいました。

ちなみに、中川政七商店に実物が置いてあり、見ることができますよ。

houtyo01.jpg

こちらのパン切り庖丁、ギザギザが少ないのです。
それゆえにすっと切れてパンくずが少ない。
そして自分で研ぎ直しもできるの!
普通、パン切り庖丁というと自分での研ぎ直しは不可。
メーカーによってはやってくれるところもあるけど、新品が買えるくらいの
お値段がしたりしますね。
もちろん、タダフサに送れば研ぎ直しもしてくれます。(有料)

houtyo02.jpg

この箱がまた乙女心をくすぐる素敵なデザイン!
シンプルでありながらこのセンス。いいですね~♪
素晴らしいのがこの持ち手。
タダフサの特許である「抗菌炭化木」を使用しています。
抗菌炭化木とは、木材を炉の中で燻製状態にし、炭の一歩手前の状態にした木材。
木材に菌が付着した際に、栄養分となる水分や栄養がほとんど無く、
菌が繁殖出来なくなり死滅してしまうのです。
完全に焼いてしまうと炭になりもろくなってしまいますが、半炭化状態で仕上げていますので、
もろくなく、木材が持つ質感そのものです。

ということ。
確かに香りをかいでみると、かすかに燻製の香りが・・・。
でも気にはなりません。

この抗菌炭化木が気になって、タダフサのまな板も買ってみました。
まな板は実家へお歳暮として。

私が実家にいる間に到着したので見たい見たい!と^^
すごい燻製の香りです。
私は好き。でも好き嫌いが分かれるかもしれません。
ただ、香りは使っていくうちに消えていくと思います。

まな板の厚みが3cmほどあるので、庖丁のあたりがよく心地よく切れます。
わたし的にはもうちょっと幅がある方が好きなので、自分用としては見送りましたが、
幅があれば買いたかったな、と思っています。


新しい庖丁がくると切りたくなりますね^^
切るためにはパンを焼かねば!
本末転倒になっておりますが、でも楽しく焼ければそれでいいですよね。

この庖丁、おすすめしてくれてありがとうございます♪

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

★伊勢神宮に行ってきました

こんにちは。
12月も後半に入りましたね。
寒さも増し、本格的に冬がやってきました。
皆様、2013年もあとわずかです。
体調を崩さないよう気をつけてお過ごしくださいね。

さて、先日、伊勢神宮に行ってまいりました。
今年の春に参拝し、遷宮後にもう一度!と思っておりましたが、
無事に参拝してこれましたよ。ありがたや。
前回の記事こちら

isego01.jpg

前回は車で行きましたが、今回は電車です。
あ!どちらも兵庫県の実家から行っています。
兵庫からだとお伊勢さんへは日帰りできるのよ。

阪神電車と近鉄が相互乗り入れをしてくれるようになり、
とってもラクになりました。

まだ暗く寒い朝一で阪神電車に乗り込み、上本町へ。
上本町から特急で伊勢市駅です。
高校生の頃は近鉄を使用して通っていたので、懐かしい。

isego02.jpg

伊勢市駅は外宮へ徒歩10分ほど。
降りるお客さんも多いけど、でもめちゃくちゃ多いわけでもなし。
参道にはきれいに改装したお店がいくつか並んでいますが、
外宮から内宮へ行くことを考えると、ここでお買い物はまだ~、、
という感じです。

思っているよりも人が少ない。
お昼前に到着しているので、朝一の参拝客がはけたところかな?
と思っていたのですが、実はそうではなかったようです。

isego03.jpg

新しくなった外宮の正宮です!!
前回は覆いで隠れていて見えなかったのよね。
でもあの時は白木の香りがふわっとしてきて心地よかった。

今回は、香りはほとんどしなかったわ。
でも暖かく、風もなく、とっても過ごしやすい一日。

isego04.jpg

お隣には以前の正宮がまだ残されています。
新旧の正宮が並んで見れるのは今だけですよ!
来年の4月より古い建物の取り壊しが始まりますので、
もし両方が並ぶ姿を見たいのなら、今です^^

isego07.jpg

こちらは古い正宮。
もう神様はいらっしゃらないのよ。

外宮から内宮へ行くのにタクシーに乗りました。
観光タクシーみたいにいろいろお話してくれましたよ。
内宮の宇治橋。入口から3枚目の板を踏むと良い。
そして、大鳥居からみて左側の2つめの擬宝珠(ギボシ)には宇治橋鎮守神である
饗土橋姫神社のお札「萬度麻(まんどぬさ)」が納められています。
これは宇治橋の安全と、宇治橋を渡られる方の安全を祈願しているそうです。

宇治橋は右側通行なので、この擬宝珠に触るには帰りしかチャンスはないの。
よく見ると皆さん触ってますよ。そしてここだけテカテカになってます。

isego06.jpg

こちらは内宮の正宮。
やはり美しいですね。
参拝後は以前は通れなかった道へ回れるようになっています。
古い正宮のあたりをくるっと回って帰路へ。

帰りには御朱印帳を買ってきました。
だって、伊勢神宮遷宮、の文字が入っているんだものー。
ちなみに、お伊勢さんの御朱印はとってもシンプルです^^

帰りは五十鈴川駅から。
タクシーの運転手さんのお話では、毎年1000万人ほどの参拝客がいるが、
今年はすでに1300万人、と。
道が大渋滞で、タクシーが動かない。
「お客さん5割増でも仕事は2割増にしかならんのやー」と。
「でも、なぜかわからないけど今日はものすごくすいてます」とね。

ちょうど良い日に伺うことができました。
今年は2回も行けて、本当にありがたいご縁です。

お昼ご飯は~前回は伊勢うどん。今回は手こね寿司!
そしておやつには前回は赤福。今回は赤福ぜんざい^^
美味しかったです♪

次の遷宮は20年後。
是非今度はお白石持に参加したいです^^

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

★レーズン酵母パンいろいろ

こんにちは。

なんか、いろいろ焼き上げました。
レッスンで使った種が余っているので、さー焼くぞ~っと。

分量はそれほど残っていませんが、
種が少ないなら少ないなりにゆっくりと発酵をとれば良いだけです。

iroiro.jpg

28%の種で19℃くらいで10時間では発酵完了していたわ。
夕飯の片付けが済んでからこね始めてあとは寝ている間放置!
っていう感じだからきちんと時間も温度もはかっておりません。

でもこういうのが楽しいのよね。

ひとつはカンパーニュ。
もうひとつは酒粕入り。
そして酵母のスコーン。

砂利を入れた天板とパンを置くようの天板2枚を入れて
オーブンを予熱します。
しっかりしっかり予熱しておきます。

そして、あったかくなった天板のうち一枚をもう一枚の天板に重ね、
パンを置き、砂利には熱湯をまく。
そしてオーブンの電源を切って数分。

この数分、がクセものです。
本来なら「このくらいおきたい」という時間があるのですが、
この時間おいてしまうとうちのオーブンだとどうしても温度が下がりすぎる感じが。
なのでちょっと短くしています。

電源切るのは、ファンが回らないようにするため。
無風状態で蒸気をパンに当ててあげます。
特に冬場は温度が下がりやすい。

この方法ではクープが開きやすい、とかひとまわりパンが大きくなる、
とかの効果があるのですが、、、、うーん。
でもわたし的にはこの方法やらなくてもいいかな~と思うことも。

もうちょっといろいろ試してみるわね。

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

★玄米甘酒酵母カンパーニュ

こんにちは。
休日のお昼、なんだか何を作っていいのかわからなくなって
いただいたカレーにチャパティを焼いてお昼にしました。

チャパティなので無発酵。とは言え、少し生地を寝かせたほうが
落ち着くし伸びもいいし。

かなりテキトーに作ってしまいましたが、けっこういけるなじゃない?と。
なんか気軽に作れるって幸せですよね。
あーでもない、こーでもない、と頭ばっかり使っていると固くなりそうですね。

さて、玄米甘酒酵母でカンパーニュ。ドライフルーツ入り。
ドライチェリー、クランベリー、レーズン。

camp.jpg

粉250gにドライフルーツ150g。
こういう濃い感じのパンが美味しい季節になってきましたね。
ドライフルーツが多くなればなるほど、薄切りにしていただくといいな、
と思っております。
食べやすい、というか、お腹に優しいというか^^

いや、ドライフルーツが多いとずっしりきますからね。

自家製酵母でパンを作る人の一部にはイーストの勉強をしない人がいる、
と言われたことがあります。

私も自家製酵母メインなので、今はイーストではほとんどパンを焼きません。
でも、パンの勉強はしにいきます。
そして、そこで学ぶイーストの話は本当に役に立ちます。

自家製酵母とイースト(市販のドライイースト)では、確かに違いもあります。
でも、どちらも「酵母」を扱っており、酵母を使ってパンを焼き上げる、
という意味では変わりありません。

ドライイーストだからダメ。自家製だからイイ。ではないと思っています。
どちらにも特徴があり、良い点欠点もあります。

好きでパンを作る分にはどちらを選んでもいいと思っています。

ただ、自家製酵母を教えるのであれば、きちんとイーストを学び、
下地を作っておくと安定すると思うのです。

おんなじパンを作っているのに「あっちはダメ」「こっちはいい」なんて
より分けるのって世界が狭いと思いませんか?

お米だってそう。白米、分つき米、玄米。
お野菜は?この考え方は?あの人は?
あれはダメ、これはいい?

全てこの世の中に存在しているものです。
オールオッケーなんじゃないかな、と思ったりしています。


★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

★甘酒白玉と白味噌キャラメルナッツ

こんにちは。
おやつは甘酒白玉と白味噌キャラメルナッツ!

shiratama.jpg

いつだったか、、何年も前だと思いますが、
たまたま見た本に載っていたおやつがとっても美味しそうで、
自分でも作ってみたのが始まりです。

ナッツのコク、白味噌の塩気、そして甘酒白玉のもちもち感。
食べていて楽しくなるなーという感じ。

甘酒で白玉粉をとくと、きちんと白玉の形になるがものの、
ゆでたあとのおもち感が半端じゃない気がします。
ゆるすぎる?という感じでしょうか。

自分で食べるおやつならこんな感じでオッケーなんですけどね^^

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ

記事検索
ギャラリー
  • ★久しぶりのベーグル
  • ★久しぶりのベーグル
  • ★久しぶりのベーグル
  • ★久しぶりのベーグル
  • ★久しぶりのベーグル
  • ★スペインのお菓子 ポルボロン
  • ★【レシピ】強力粉でココアスコーン
  • ★かみのかわサンフラワーまつりに行ってきました
  • ★かみのかわサンフラワーまつりに行ってきました
アーカイブ
  • ライブドアブログ