こんにちは。
気がつけばもう3月もそろそろ締めですね。
なんで~こんなに~時がすぎるのが早いの~、と思うのですが、
毎月毎月同じことを言っているような気がします。
大河ドラマの「西郷どん」だって録画だけして全然見てない。
早々に見ないとこのまま録画だけが溜まっていきそうで怖いです。
あっ、4月からBSで大河ドラマ「軍師官兵衛」の再放送やるそうですね。
いいなー、見たいなー。うちは見れないのよ。
好きだった人は是非!

2018-03-28_01

こちら、栗の渋皮煮とカシスのカンパーニュを作りました。
以前に行ったパン屋さん「ブーランジェリーパティスリーアダチ」の
カシスマロンが美味しかったのを思い出しながら作っています。
もちろん、本物とは全然違う味食感ですが、
楽しみながら作ってみました。

※ブーランジェリーパティスリーアダチは横浜に移転されました※

2018-03-28_02

ガッツリと具材を入れ込んで低温発酵。
好きなものを好きなだけ入れられるのが家庭用パンのいいところです。
これを作るために昨年栗の渋皮煮を作ったのでいっぱい加えます。

2018-03-28_03

室温が19℃→16℃となる今の季節、
朝起きたらちょうどいい発酵具合になるかな?と思いつつも
置きたらあんまり膨らんでないーなんてことになってました。。
有機天然酵母を使用したので、もう少し多めに酵母を入れたら良かったのかも。
追加で温めて2倍以上になったら発酵完了。

2018-03-28_04

カシスピューレのきれいな色が出ていますね。
膨らんでくると嬉しいのは、パンを作り始めた当初から代わりません。

2018-03-28_05

2分割してベンチタムをとり、成形。
キャンパス地に布どりすればイイんだけど、なんかめんどくさくなったので
こんな感じでダレないようにしています。
ダレなければいいんですよ。ダレなければ。

2018-03-28_06

これだけ具材入れたら生地も持ち上がらないだろうな~とか思いながら
クープを入れていました。

2018-03-28_07

焼き上がりはこんな感じ。
やや小ぶりの焼き上がりかな、とは思ったけど、まぁこんなもんかな?
とも思ったりする。

美味しいです。カシスの酸味と栗の渋皮煮の甘み、渋み、そして
マカダミアナッツのまた別の渋みと甘みがあってうまいです。
これはくるみよりもマカダミアナッツだな、と思います。
オレンジピール、これも絶対ほしい。サバトンで。

ホントはポーリッシュ法で作りたかったのだけど、
作ろうと思い立った時間が遅かったのでストレートになりました。
次はポーリッシュで作ってみます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【レシピ】
強力粉 300g オーガニック強力粉
塩   5g
砂糖  10g
カシスピューレ 50g 富澤商店
水   140g~
有機天然酵母 1g ← 2gでも良かった
-----------------------
栗の渋皮煮 115g
オレンジピール 25g サバトン 刻んでさっと湯につけ、水気を切る
皮付きマカダミアナッツ 50g 150℃10分ロースト 水にくぐらせる

【工程】
捏ね 生地にかたいところがなくなるまで混ぜる。
   具材を入れてまとめる
一次発酵 室温30分 パンチ 30分 パンチ ~2倍になるまで
分割 2分割
ベンチタイム 26℃ 30分
最終発酵 26℃ 50分
焼成 230℃ 10分 210℃ 15分 スチーム焼成


★自家製酵母・天然酵母のパン教室セレアル★
ホームページはこちらです
http://cerealesplus.web.fc2.com/

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)