こんにちは。
5月に入りましたね!
前半はいいお天気、後半はちょっとぐずつくようなので、
お出かけは早めにしてこようと思っています。
皆さまはどちらに行かれるのでしょうか。

さて、先日、Zopfの講習会に参加してきました!
今回は「低温長時間発酵のバゲット」。
2016-04-27zopf02

実は2009年にも同じ講座に参加させていただいております。
もうそんなに前になるのね~。
以前の講習会の記事はこちら

12時スタートの講習会なので、8時半くらいに家を出ます。
高速を降りてからの渋滞がどのくらいあるのかわからないので、
早めに出て、余裕があれば時間をつぶす、という感じ。

今回はGW前ということもあるのか16号もけっこう渋滞していて
間に合うかな?と思ったけど、全然大丈夫でした~。

講習会の会場はお花がいっぱい。
いろんな種類の花があってチューリップとかユキヤナギとか。
もっとあるけど、わからない。でもきれい!

2016-04-27zopf03

使った粉はT55。
フランスの小麦です。ちょっとざらっとしていて粒度が大きい。
粒が大きい小麦はゆっくりと水が浸透してから長時間発酵に向いているそうです。

そうそう、日本の製粉技術もかなり上がっているそうで、
日本の水に合うようになっているのだとか。
私達の知らない所でいろんな技術が進んでいるんですね。

数年前は常識(?)のように言われていたことがもう古い、なんてことは
製パン業界でも少なくないようです。
でも、昔からずっと変わらず、ということもある。
基本と応用で例えるなら、応用は変化し続ける、ということでしょうか。

2016-04-27zopf05

ちょっとベタつく生地ですが、ベタベタではありません。
多加水(高加水)の生地が流行っていますが、粉に対しての適正水分量がある、
というお話もありました。
「水が多いから美味しい、ということではない」なんですね。

確かに、以前高加水で作っていたけどちょっと水減らしたらそっちの方が
美味しかった、ということがありました。

パン作り全体での高加水ブーム、気泡ブームもどこかで落ち着くのでしょうか。

2016-04-27zopf01


焼き上がったパンはこんな感じ!
太めのバゲットなのでクラムもしっかり味わえます^^
しっとり、もっちり、粉の風味と甘みで美味しい。

あっ、今回のバゲット、2%水分変えただけで味が違いましたよ!
食べ比べるとわかるの。
ホントに違う。甘みとコク?深み?

シンプルなパンほど顕著に出るんですね。

2016-04-27zopf04


焼き上げ中にいただきます!
今回同じテーブルになった方々、以前の講習会でお会いした方もいてびっくり。
いやー、ホント、お久しぶりですね。1年以上前だったと思います^^
またお会いできて嬉しかったです!

いろいろなお教室に行かれている方も。
たくさんの技術を学ぶとレベルアップできますよね。
見ていると、作業もとても早かったです。ご本人は「雑って言われた」って
おっしゃってたけど、きれいだったと思います。

和歌山の新宮からいたした方も。
すごい。何時間かかるの?って思うけど、情熱がありますね。
私の親戚が新宮の近く(三重県紀宝町)に住んでいて、
子供の頃よく行っていたので、懐かしく、嬉しくなりました。
千葉で新宮の話が出来て楽しかったです。

持ち帰り生地もあるので家に着いたらすぐに冷蔵庫に。
翌日焼き上げ。
ちょうど(?)翌日は雨だったので、落ち着いて作業が出来ました。
出来栄えはーーーーまーー、またリベンジってことで。

楽しかったです。美味しかったです。ありがとうございました!

★自家製酵母・天然酵母のパン教室セレアル★
ホームページはこちらです
http://cerealesplus.web.fc2.com/

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)