こんにちは。
今日で11月が〆!早いですね。
ここ最近、手持ちのものをいろいろ見直しています。
買ったけど使っていないもの。何かに使えないかな?とか、
ずっと使っているけど、そろそろお手入れの時期かな?とか。
年の瀬が近いと思うと、今まで以上に身の回りのことに目がいくようになりますね。
2016-10-21_01

さてさて、タダフサのパン切り包丁。
今も人気なのでしょうか?
先日テレビでも紹介されていましたね。
私が購入したすぐ後は一年待ちとかもあったようですが、
今は在庫のある店舗もあるようだし、買おうと思えばすぐに買えるのではないかと思います。
(でもテレビでは「一年待ち」と紹介されていた)

刃先が波形で、あとはまっすぐなのよ。
パンくずが出にくいのはすばらしい。

でも、硬い食品のカットにはむいてないとか、
豆やナッツなどの入ったパンのカットも念のため気をつけて、
とか書かれているので、扱いは慎重になります。

で、気にせず使っていたら、全然切れなくなってきたので
タダフサに研ぎに出しました。
2016-10-21_02

研がれて帰ってきたパン切り包丁。
一週間くらいで帰ってくるとのことでしたが、
本当に一週間で帰ってきた。
往復の送料、研ぎ代、代引、それなりに料金がかさみます。

2016-10-21_03

帰ってきたパン切り包丁。
先端の欠けた部分もきれいになっていたし、
波刃の部分もきちんと研いでくれています。
なぜなら、バリが残っていたから。
(※バリとは金属カスの出っ張りのこと)

バリが残っているから、「研いでくれたんだな」と確信できますが、
でも、バリはきちんととるものですよね、、、、。
バリを残したまま食材を切るってないでしょう?

この程度のものはスプーンの背で簡単にとれましたが。
ちょっとモヤモヤな気分が残る。

あ!でもよく切れるようになりましたよ!^^
これからは食パンなどの柔らかいもの専用で切っていこうと思います!

★自家製酵母・天然酵母のパン教室セレアル★
ホームページはこちらです
http://cerealesplus.web.fc2.com/

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)