こんにちは。
梅雨に入ったけれども、気持ちの良いお天気の日もあって
お布団干しや衣替えにせっせとはげんでおります。
衣替えってけっこう重労働なのよね。

そんな中~、先日、九十九里にあるスガハラガラス(菅原工芸硝子)に行ってきました!
工房と直営店が九十九里に。その他、東京、仙台、大阪、兵庫にもSHOPがあります。

sghr03.jpg

旦那は黒マットガラスのビアグラスがほしかったみたい。
私はとにかく「見たい~」っと。
地震で器がほとんど割れて以来、レッスン用以外は買っていなかったのですが、
やっと購買意欲が湧いてきたようです^^

工房のそばにある直営店。
中はガラス作品がところせましと並べられています。
あれも素敵、これもいいね~っとテンションもあがってしまうわ。

テレビでも紹介された馬の形のオブジェ&グラス
オブジェにもなるし、逆さにするとグラスにもなるというすぐれもの。
これを買い求めに来たお客さんの言葉が耳に入ります。
「このたらこ唇じゃないのがほしい」っと^^;
(馬の唇ね)
でも、どうやら75個も注文が入っているらしく、
今からの注文だと年内に納品できるかどうか。。。なんていうお話でした。

sghr04.jpg


私は甘酒用に、と黒マットのショットグラスを見つけていたのですが、
スタッフの方に話を伺うと、「温かいものはおすすめしない」とのこと。
人肌でも・・・とのことなのです。
細かい傷がガラスに入ることで割れてしまう。とね。

そうか~そうなのね~。

旦那はお目当てのものを見つけていはいるのですが、
どうやら「この質感」と「この形」の好みがマッチしないようで、
うんうんうなっています。

こういう煮詰まった時は気分転換をするのが一番!
併設されているカフェへランチに~♪

sghr02.jpg

森の中のカフェ、みたいな感じで素敵ですね。
こちらでは、ランチメニューを実際に販売されているのと同じガラスの器に
盛り付けてくれます。

sghr01.jpg

器たちは実際につかってなんぼ。
見ているだけではわからないその質感や使い勝手などもこうすることで
感じることができますね。

写真撮り忘れてしまったけども、旦那の頼んだエスプレッソのカップが
とっても素敵でね。
ショップでは全然目にもとまらなかったのに、目の前に出してもらえたことで
とたんに気にいってしまったのよ。

pico01.jpg

それがこの、バルズテーブル ピコ
80mlサイズなのでホントにかわいい!
3色。ワインレッドとクリヤーと写真の黄色いの(タン)。

ワインレッドは私も旦那もお気に入り。
タンは最初はどうかな~?と思ったのですが、実際に使用してみると
これがとってもイイ!直営店では在庫ラストでした。

ひとつひとつがハンドメイド。
だから大きさ、厚み、形が微妙に違うのです。
みんなそれぞれの良さがあるのですね。

眺めているだけでも幸せになれるようなカップ♪
耐熱ではないけれど、紅茶やコーヒーはOKとのことなので、
甘酒も安心していれられます。

レッスンでもお出しできるといいな、と思っております^^

気がつけば長い時間をココですごしていました。
とっても楽しい誕生日になりました。
ありがとう~おクマ~♪

★参加しています。いつも応援ありがとうございます(^^)

にほんブログ村 料理ブログ 自家製酵母パン作りへ